ページトップへ

新しいお家の形。 | ソラマドブログ デザイン住宅

blogスタッフダイアリー

 

GWお休みを頂いたので神戸へ行ってきました!!

 

岡山にずっと住んでいる私からすると神戸…都会ですね。

連休中ということもあって人がいっぱいでした。

 

神戸に行った時にずっと気になっていた建物をみてきました。

 

 神戸にあるチャイルド・ケモ・ハウス知ってますか?

チャイルド・ケモ・ハウス

子供たちの成長を妨げることが多い現在の治療環境を整えて

自分の家の暮らしのような理想の治療環境を目指して建てられた、

日本初の小児がん専門治療施設。

参照(http://greenz.jp/2013/12/04/child_chemo_house/)

 

設計は手塚貴晴先生です。

手塚先生は『ふじようちえん』など色々な建築を手掛けた方です。

 

私はSNSでチャイルド・ケモ・ハウスについて知りました。

内部は見れないと分かっていましたが、

外観だけでも見たかったので行って来ました。

 

室内も各部屋に外から入れる個別の玄関があったり

外に出れない子供たちのために空を感じられるように天窓をつけたり

いろいろな工夫がされています。

 

お家に帰りたくても帰れない

そんな子供たちの新しいお家。

 

施設ですが、入っている子供たちにとってはお家です。

そんな新しいお家の形を知ってとても勉強になりました。

 

カレンダー

2017年05月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー