blogスタッフダイアリー

キッチン

2015/05/09(土) 長谷川 綾日々のこと

先日キッチンのショールームを数件まわったのですが

その中にいいなって思うキッチンがあったので、ご紹介です。

 

 

 

ドイツのキッチン、bulthaupのb2シリーズ。

「究極のミニマリズムを具現化したもの」だそうです。

 

写真が小さくて分かりにくいですが、

キッチンの両サイドにフックを掛けたりできるスペースがあったり、

パーツのジョイント部分がゴムだったり。

キッチン本体もいいのですが、セットで使う収納がとっても良かったです。個人的に。

閉じている時の見た目はスッキリしていて、中は大容量。

キッチンツールや調味料、普段使いの食器まで、4人分+αなら十分収まりそう。

ただ、扉も収納部分なので、開け閉めは気を付けないと・・・(笑)

でも、広ーいワンルームにコレがあったらかっこいいなぁ・・・と妄想が膨らむキッチンでした。

気になる方は、ぜひショールームへ。

 

多くのソラマドではキッチンは造作なので、メーカーのキッチンにはあまり縁がないのですが

売っているものも多種多様で、中にはいいなって思うものもあって。

あちこち見て、実物を触って確かめて、色々と勉強になりました。

それでは、また。

記事一覧

1ページ (全218ページ中)

ページトップへ