blogスタッフダイアリー

絵本から学ぶこと

2014/06/09(月) 富野 沙希日々のこと

いつだったかある短編アニメを見た

何気なく見ただけだったのに

涙が出てきた

 

そして、たまたま本屋さんで絵本を見ていたときに

絵本になっているのを見つけた

 

 

ある日突然

象のお父さんが

死を知らされると言うところから始まる

その日からお父さんは

家族との時間を大切にするようになった

 

子供たちといっぱい遊んで

いっぱい出かけて

一緒にお風呂に入って・・・

 

そしてお父さんは

天国へ旅立ってしまった

 

 

一番身近な人ほど

気づかないもので

いついなくなってもおかしくない

 

家族や友達

自分の大事な人との時間を

もっと大切にしたいと思った

そんな絵本

 

アニメを見たときもそうだったけど

文字や話を聞くだけでは伝わらないモノが

風景や映像のような目に見える物になると

心に響くモノになる

 

機会があれば読んで欲しい

絵本の中の一冊

記事一覧

1ページ (全213ページ中)

ページトップへ