blogスタッフダイアリー

台北で腰抜け・・・。

2016/11/18(金) 松岡 綾日々のこと

こんにちは。

11/14から4日間、スタッフ全員で台湾へ研修旅行へ行ってきました。

去年のタイへの研修旅行に続き、世界の建築や異文化に触れ、

各々がとても刺激になった研修旅行になりました。

海外には簡単に行けることではないので、貴重な時間を過ごしました。

 

少しだけ台湾でのお話を・・・

台湾で初めて乗った地下鉄。

 

切符はコイン。

このコインを投入するのではなく、

ICカードのようにかざして読み取って、乗車します。

田舎っぺ丸出しで、キョロキョロしかしてません(笑)

 

そんな一人で勝手にあたふたしながら行った先は・・・

【台北101】

・超高速のエレベーター

・ウィンドダンパー

上記は世界一のモノです。

世界最速の減圧付きエレベーターに乗り、高さ508m、地下5階、地上101階もあるところを

分速1010mで上昇37秒で標高382mの89階の屋内展望台へと上がります。

ウィンドダンパーとは制振システムで、87階から91階中央部の吹き抜け空間に位置し、

主に建物が強風を受けた時の揺れを軽減し、ビル内で働く人々の不快感を和らげる目的で設置されています。

一般的な、外に露出しないタイプの伝統的な制振システムとは異なり、

台北101のウィンドダンパーは特別に機能も外観も重視した造りのことです。(HPより)

※台北101のHPに360度パノラマで観れるところがあるので是非ご覧ください。HPはこちら!!

 

そしてその外観はこちら↓↓↓

はい。ご覧の通り、すごく高いです(>_<)

下からでも少し恐怖を感じました・・・。

高いところは平気と思っていたのですが・・・

89階で360度ガラス張り、床もガラスの部分もあり、

さすがに、腰抜けしました。

地に足がついていないと落ち着かなくなり、

心臓バクバクな中、早く1階に戻りたい一心でした。

 

私が腰抜けしているところをスタッフ吉本がおもしろがり・・・

写真まで撮られていました・・・。(鏡に写ってますね(笑))

窓際に行けず・・・写真も撮れず・・・悔しい時間でした。

少し歩くと、台北101の模型がありましたので、

私は他のスタッフが素敵な景色を眺めているときに、ポツンと、

腰抜けで見てました。

 

思い出すと、まだ脚がモゾモゾしますが、

建築技術、文化の表現、独創的造形、

そして、世界一な技術。

日本では味わえないもの。

表現というものはとても難しいことですが、

表現、カタチにすることを仕事にしている私たちは、

まだまだ、勉強させられることが多いです。

世界の建築に触れる機会が少ない中、今回の研修旅行では

異文化も見ることができ、貴重な時間を過ごしました。

 

これからの私たちの提案していくものを楽しみにしていてください!!

それでは、また。

 

 

広島県でイベント開催します!

11/26(土)~11/27(日)に住宅展+家リサイクルアート教室を東広島モデルにて開催!

詳しくはこちらまで!

予約不要ですので、お気軽にお越しください!

 

 

Instagram毎日更新中です!

いろんなソラマド、地域のソラマドがご覧になれますよ!

記事一覧

1ページ (全213ページ中)

ページトップへ