ページトップへ

太宰府の現場より | ソラマドブログ デザイン住宅

blogスタッフダイアリー

こんにちは。

ようやく長い正月休みボケから仕事モードへ切り替わってきました(笑)

本年もどうぞよろしくお願いします(^.^)

 

さて、先日福岡で打ち合わせの合間に、

大宰府でお引渡し前の現場に行ってきました。

生憎の雨模様でしたが、

外壁の土色の塗り壁が「ちょい和」な印象を与えてくれます。

 

「みんなが集まるところ」は大きなワンルーム空間。

雨の日でも螺旋階段(踏板の木がまだでしたが…)から光がやんわりと。

 

キッチン上部の造作カップボードのルーバー扉。

いつものポリカーボネートとは違う、落ち着いた印象になりました。

 

 

 

螺旋階段を上った先には吹抜けに架かる「木のブリッジ」を。

また吹抜けとお子さんのスペースを隔てる壁にはのぞき窓を。

吹抜けを通して上下のつながりを感じられる空間になりました。

 

 

全体的に、落ち着いた「ちょい和」な計画でスタートしましたが、

良い感じで仕上がってきています(^.^)

 

引っ越して落ちついたら、またお邪魔してみたいと思います(^^)

カレンダー

2020年02月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー