ページトップへ

思想とデザイン | ソラマドブログ デザイン住宅

blogスタッフダイアリー

こんにちは。

 

先日、目黒区美術館で公開されている

シャルロット・ペリアン展に行ってきました。

 

知っている方もいらっしゃると思いますが

知らない方のための豆知識☆

・・・シャルロット・ペリアン・・・

フランスの建築家(デザイナー)

ル・コルビュジエ事務所で同僚だった坂倉準三の推薦で、商工省の輸出工芸指導顧問として1940年に初来日。

エールフランスロンドン支店内装などを手掛ける

 

と、まぁ細かく説明してもあれなので(笑)

作品はと言うと・・・

 

 

なにやら見たことがある物もチラホラ・・・

 

○assinaに置いてあるのですww

 

美術館内ではシャルロット・ペリアン本人の映像も流れていて

イスに座って見ていると

とても印象に残る場面がありました。

 

『家をつくる上で「ここに何を置きましょうか?」と聞くことは間違い。

なぜなら住みながらできあがっていくものだから』

 

この方の考え方が今に生きてきているんだな。。。

 

と、しみじみと感じた場面でした。

 

目黒区美術館ではもうすぐ公開は終了してしまいますが

(6月10日までですよー!!)

興味のある方はぜひ足を運んでみてください♪

カレンダー

2021年05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー