blogスタッフダイアリー

紙。

2013/10/26(土) 長谷川 綾アート

こんにちは。

 

最近TVで目にする機会が多い、紙。・・・というか、紙のアート。

 

たとえば、林敬三さん考案の彫紙アート。


出演されていたのは別の方だったんですけどね。

 

それから、Li Hongboさんという方の紙の彫刻。


伸びるんです。

昔持っていた、レインボーカラーのバネ?みたいなおもちゃを思い出しましたw

 

紙といえば、こどもの頃に児童館で切り絵でよく遊んだのですが、極めるとすごいですよね。

これは、蒼山日菜さんの作品。とっても繊細で美しい、女性らしい作品です。

 

こんなものも見つけました。

100% Designの展示会のパビリオン、Paper Space。

デザイン会社のStudio GlowackaとMaria Fulfordさんの作品で、1500mの紙で出来ています。

ちなみに、このパビリオンに照明はないそうです。

会場の明かりがつくり出す陰影・・・。面白いです。

 

普段はメモ、手紙、スケッチなど、何かを書くことで自分の想いを表現する紙。

でも、それだけじゃない。

現に壁紙、障子、ランプシェード、食器・・・いろんな紙がありますが、もっとたくさんの可能性を感じます。

紙だけでなく、他の身近なものにも、たくさんの可能性がありそうです。

 

それでは、また。

記事一覧

1ページ (全214ページ中)

ページトップへ