ページトップへ

寄り道 | ソラマドブログ デザイン住宅

blogスタッフダイアリー

先週末は3連休ということもあって天気も良くご旅行に行かれた方も多いのではないでしょうか?

私は3日間おかげさまで打ち合わせで出掛けていたのですが、京都でのお仕事でした。

 

この時期の京都は紅葉が見頃で、たいへん多くの観光客で賑わっていました。

打ち合わせが終わって少し時間があったので紅葉ではありませんが、前から見てみたかった建築を見に夕暮れ前に急いで行ってきました。

 

今回訪れたのは建築家の安藤忠雄さんが1984年に建てたTIME'Sという商業ビルです

35年前に建てられた建物ですが今見てもモダンでかっこいい建築でした!

鴨川の脇を流れる高瀬川に架かる三条小橋のふもとにあります。

特徴的なのは高瀬川の水面数十センチのところにあるテラスです。

高瀬川は人口運河なので水量が調節されている為洪水の被害は少ないとは言えかなりアグレッシブな建築です

建築当時も行政と相当もめたという話を聞いたことがありますが、これほどまで川と建築の距離が近いものはなかなか無いと思います

この建築は人と川の関係性を見直すことをテーマに作られています。

リスクはありますが、川沿いを歩いているような間隔で、川を建築に取り込むことに成功していると思いました

 

建物はコンクリートブロック造で出来ていて中は迷路状になっています

なんだか神秘的な空間でした。

中が迷路過ぎてお客さんが迷ってしまうという理由でテナントがほとんど決まっていないのが残念でしたが(笑)

 

帰る途中には三条大橋から鴨川を眺めることができました

相変わらずカップルが等間隔で座っているなぁなんて思いながら満員の新幹線に乗って帰りました...

 

ではまた!

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー