ページトップへ

新しい形 | ソラマドブログ デザイン住宅

blogスタッフダイアリー

先日、日課のネットサーフィンをしていたところ

面白いものを発見

 

 

「神棚」なんです。

 

見えないですよね…

福島発のこの商品開発のきっかけは

震災で仮設住居には神棚を置く場所がないという声をきっかけに

神社を3D→2Dにしてもいいんじゃないだろうか?という発送で

一気に小型化が進んだそうです。

 

素材は国産で無垢ヒノキ材で

ちっちゃいながらも中にはお札を入れる場所があります。

そもそも神棚の定義は

小型の神社を模した宮形(みやがた)の中に伊勢神社や氏神、進行する紙の神札(お札)を入れるもので

これは札宮(ふだみや)といい、狭義にはこれを神棚という。(Wikipediaより)

 

 

そのサイトには

美容室開業とともに置かれた例が紹介されていました。

 

 

違和感なく馴染むこの感じはいいですね

SORAMADOにもきっと溶け込んでくれると思います。

 

信仰というほどではなく自分なりに神棚と付き合っていくリズムをつくり

向きあう時間を持つことが大事なのかもしれません。

 

http://www.mitsubai.com/tokyo/product/tk026200.html

カレンダー

2020年01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー