ページトップへ

大谷石で玄関を。 | ソラマドブログ デザイン住宅

blogスタッフダイアリー

こんにちは。

9月も半ばになり、過ごしやすい気温になってきましたね(^^)

 

さて、今日も以前から私のblogで紹介している工事の続きをご紹介します。

 

今回の建物では、玄関土間部分とポーチに大谷石を貼ります。

 

大谷石とは、軽石凝灰岩で、栃木県宇都宮市北西部の大谷町付近一帯で採掘される石材。

柔らかく加工がしやすいことから、古くから外壁や土蔵などの建材として使用されてきました。

アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトが、帝国ホテル旧本館にも使用しています。

多孔質の独特な風合いが、素材の良い表情を作ってくれます。

 

 

長方形と正方形を組み合わせて配列しました。

石と石の間は目地材で埋めますが、

この時点で良い感じの玄関土間になりそうでワクワクです(^^)

 

ポーチの階段部分も大谷石で作ります。

 

石の階段を上がって玄関へ。

毎日通る場所であり、お客さんをお出迎えする場所でもあるので、

大谷石の風合いを活かし、素敵な場所と感じられるように仕上げていこうと思います。

 

ますます完成が楽しみです(^^)

カレンダー

2021年04月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー