blogスタッフダイアリー

田島 寛子 自己紹介へ

猫ちぐら。

2020/07/20(月) 日々のこと田島 寛子

『猫ちぐら』ご存じですか。

稲わらを編んで作った猫用の寝床のことらしく
新潟県や長野県では民芸品として
知られているそうです。

ちぐらの中は
夏は通気性が良く、冬は保温性があって
猫の寝床としては快適な空間だそうで

我が家の猫にと
今年のはじめごろ
知人から頂いたのですが

ちぐらの上に乗っかっていたままだったり
爪とぎに使われていて

なかなか中に入ってもらえず
『なんだかなぁ~。』と
残念に思っていました。

ですがここ最近、
ちぐらの中でよく寝ていることが増え

今までそこで寝ていることがほぼ無かったので
『うちの猫がいない!!』
と家中を探していたら

実はちぐらの中で寝ていたみたいな・・・。

試しにちょっと入ってみたら
思いのほか『居心地いいじゃん!!』
的な感じだったんでしょうか 笑

だったら
最初っから入ってちょうだいよ~。

遅ればせながら気に入って使ってもらえているようで
家族で安堵しています。

そいえばスピッツの新曲のタイトルが
『猫ちぐら』でしたね。 

『作りたかった君と小さな
猫ちぐらのような部屋を』 

って歌詞が
なんだか心に沁みます。

では、また。 

 

記事一覧

1ページ (全174ページ中)

ページトップへ