blogスタッフダイアリー

平野 宜昭 自己紹介へ

使い込む

2014/06/28(土) 平野 宜昭日々のこと

昨年の引っ越しの際に友人から頂きました。

念願の鉄製のフライパン

 

しかし、買ったらまずは煙が出るまで焼入れをして

表面の塗料を取る必要があります。

さらに使用後に濡れたまま放置しておくと

もちろんサビてしまいます。(削れば取れます)

 

しかし安くてメンテナンスのいらないテフロン加工などと違い

手入れさえすれば凹んでも何十年と使えます。

油が馴染んだ表面は

しっかりと温めて使用すれば焦げ付きもないすぐれものです。

そして長年使った愛着は値段には変えられない魅力になります。

 

建物も同じです。

昔からある建材であるしっくいや無垢材の床などは

新しい建材に比べるとメンテナンスに手がかかります。

しかし、手入れさえすれば長持ちし、だんだんと愛着が湧いてきて

それが建物の風合いを徐々に増していきます。

 

だからSORAMADOの家も建った時ではなく

住みながら出来ていき、変わっていく家なんです。

 

 

 

記事一覧

1ページ (全213ページ中)

ページトップへ