blogスタッフダイアリー

井内 大輔 自己紹介へ

現場にて窓を考える

2014/10/16(木) 日々のこと井内 大輔

こんにちは。

 

台風も去って、急に気温が下がって、冬の気配がしてきましたね。

 

 

季節は変わりますが、現場は進んでいきます。

 

先日、香川県で進行中のプロジェクトの現場打合せに行ってきました。

 

今回は屋根もガルバリウムの波板で葺くので、軒先もチェック。

 

壁・屋根を同じ材料で葺いていきます。

 

打合せのメインは、木枠のガラスについて。

監督・大工さん・ガラス屋さんと、色々と雨仕舞いや、厚み、とめ方など話が出来ました。

 

いつもはアルミサッシがメインなので、なかなかこんな打合せはありませんが、

改めて、造作の「窓」というものについて話が出来たことは良かったです。

 

木枠の優しさは力強さをうまく表現し、内部と外部を仕切る境界をつくっていきます。

記事一覧

1ページ (全213ページ中)

ページトップへ