blogスタッフダイアリー

田島 寛子 自己紹介へ

家を建てる

2013/11/03(日) 日々のこと田島 寛子

 


『海辺の家』

妻と別れて以来、海が見える崖に立つ古い家にひとりで住んでいる建築デザイナーの男。
ある日突然、長年勤めていた設計事務所から解雇を告げられ、さらに癌の宣告で残された時間は3ヶ月。

その彼が
残された時間で
人生を見つめ直し、昔からの夢だった自分の家を建て直すことで
失った息子との絆を取り戻そうとする姿を描いた作品です。

『家を建てる』

きっかけや理由なんて
それぞれあるもんです。

これから一緒に築いていくものかもしれないし
自分が生きていた証として残すものかもしれないし
ただの
娯楽かもしれない。

男性と女性
家を建てることの想いって
違っていて当然。


『小さな粗末な家でも私の家ならそれでいい。』

私が印象に残っている
彼が息子に遺した言葉です。


家を建てる仕事をしていて
『なぜ家を建てるのか』
と自分に問いかけてみる。

私の好きな映画です。

記事一覧

1ページ (全213ページ中)

ページトップへ