blog変わっていくもの

 

 

先日、鳥取にある「砂の美術館」へ行ってきました。

 

世界各国から砂像彫刻家を招き、その場で約半年かけて制作していくそうです。

 

半年かけて制作し、半年かけて展示をし、

また壊して次の年には新たな作品を制作し…と、

毎年違った作品を展示しているのがこの「砂の美術館」の魅力の1つ。

 

 

細かな砂でどうやったらこんなの作れるんだ!?と思うような作品ばかりでした…

 

限られた期間しか存在することができない砂像。

その儚くも美しい造形を創り上げる為に、砂像彫刻家は情熱を注ぎ込みます。

永遠に残らないがゆえの美しさが、砂像のもつ大きな魅力の一つなのです。

 

「変わっていくもの」だからこそ、そこに「儚い」と感じるんでしょうね。

「人」の「夢」と書くところがまたなんとも言えないですね~w

 

 

「変わらないもの」だからある魅力。

「変わっていくもの」だからある魅力。

 

 

どちらかというと「変わっていくもの」への方が

なにかぐっと引き込まれるような、心動かされるような、

不思議な感覚を感じてしまいます。

 

人も自然も「変わっていくもの」だから味があってオモシロイんだと思います。

 

 

1ページ (全176ページ中)

ページトップへ