blogスタッフダイアリー

 

 

3.11からまる3年。

 

 

昨日は夜中に中四国地方でも大きな地震があり、

とっさに動けない自分に情けないやら腹立たしいやら…

 

 

3年前、東日本大震災のニュースを見ていた時の話。

 

「今、必要なものは何ですか?」

 

とレポーターさんが現地の方々にインタビュー。

 

「水が足りない」

「野菜が食べたい」

「防寒の毛布が欲しい」

「子供のミルクとおむつが足りない」

 

と、大人が話している中で、

5歳くらいの女の子が首をかしげながら答えたもの。

 

 

 

「家」

 

 

 

でした。

 

 

 

帰る場所があり、安心して眠れるところがあるというのは

本当に幸せなことなのだと改めて思った瞬間でもあり、

私たちの関わる「家づくり」って何なんだろう?と考えるキッカケにもなりました。

 

答えは出てないですけどね…。

 

この女の子のインタビューは、たぶん10秒くらいの映像だったんでしょうが、

すごく自分の中に大きく飛び込んできて、涙が出そうになったのを覚えています。

 

 

 

「私にできることって何だろう?」

と考えてはみるものの…

 

「節電」とか「募金」とか、そんな事しか思い浮かばない自分は

本当にちっちゃい人間だなぁと思いますが、

なにもしないよりはマシか、と自分を肯定しながら、

時に思い立って何かをしてみたりしてます。

 

これから気候も暖かくなり春が近づいてくると、

気持ちも前向きになれる季節なので。

「私にできること」を考えてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧

1ページ (全213ページ中)

ページトップへ