ページトップへ

『粋』 | ソラマドブログ デザイン住宅

blogスタッフダイアリー

先日、ちょっと足を伸ばして

大阪市立美術館へ

『没後150年 歌川国芳展』 観てきました。

 

最近、スカイツリー関連でよく話題になっているこの絵。

  『東都 三ツ股の図』

 

学校の美術の本でこんな絵見たことありません?

  『みかけハこハゐが とんだいゝ人だ』

 『相馬の古内裏』

  

国芳の作品は奇想天外で、ブっ飛んだものも多く、観ていて楽しいです。

 

子供の頃は、単に 『見た目』 だけで面白いと思っていたことが

大人になるにつれ、作品ができた経緯や、色使い、

板木の精密さなどを知り始めると

ますます、面白くなってきました。

 

私の好きな作品のひとつ。

 『国芳もやう正札附現金男 野晒悟助』

着物のどくろ模様は、国芳が大好きだった猫が集まって出来上がっていて

袈裟のどくろ模様は、蓮の花と葉とススキで出来上がっているんです。

『粋』

という言葉がよく似合うでしょ。

 

昔は、

『サザエさんに出てきそうな絵やね。』

とか

『鬼太郎はどこにおるん?』

とか、言ってただけでしたけど(笑)

 

 

閉館1時間半前くらいに行っても

十分観れるだろうと余裕ぶっていたら

大間違い・・・・・・。

沢山の人で賑わっていた上、

400点あまりの作品を

じっくり鑑賞するには

全然、時間が足りませんでした・・・・。

 

・・・・・・・・無念。

リベンジせねば。

 

特別展 没後150年 歌川国芳展

 

 

カレンダー

2011年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー