ページトップへ

杉の床 | ソラマドブログ デザイン住宅

blogスタッフダイアリー

サッカーW杯…

日本は残念ながらグループリーグ敗退でしたね…

 

4年に一度の“にわかファン”ですが、

寝不足と戦いながら応援せずにはいられませんでしたw

 

 

さて本題w

 

 

この季節・梅雨~夏にかけてジメジメベタベタしてくると、

「杉の床」の良さを毎年改めて実感します。

 

 

裸足で床を歩いてもサラっとしていて、

フローリングでは考えられないような気持ちよさがあります。

 

逆に冬場は、柔らかい杉板の中の空気層が、

ヒヤッとした冷たさを和らげてくれます。

 

最近では無垢材でもナラやメープルなど、

広葉樹の床材も多く使われるようになってきましたが、

やっぱり硬くて冷たい…。

 

靴を履いて生活をしてきた海外の暮らしと、

裸足で座して生活をしてきた日本の暮らしと、

やっぱり私たちに染み付いているのは、

裸足に適した床材の上での暮らしなんではないかなと思います。

 

 

 

もちろん柔らかいからこそのデメリットもあります。

傷がつきやすかったり、汚れがつきやすかったり。

 

 

だけど、それを手入れしながら暮らしてきたのが私たちです。

 

 

傷がつきにくく手入れもほとんど不要だけど、

日々の気持ちよさは感じられない床

 

 

傷がつきやすく手入れは必要だけど、

日々の気持ちよさが感じられる床

 

 

どっちがいいのかな?と考えると、

やっぱり私は後者をオススメしたいと思うのです。

カレンダー

2014年6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー