ページトップへ

頭大仏 | ソラマドブログ デザイン住宅

blogスタッフダイアリー

こんにちは。

先日、研修旅行で北海道に行ってきました!

天気もなんとか持ち堪えてくれて、

寒かったですが北海道の雄大さを感じることが出来ました(^.^)

 

初日に訪れた「真駒内滝野霊園頭大仏」(札幌市)が

印象的だったので、少しご紹介します(^.^)

 

 

奥の方に少し見える大仏の頭。

 

 

ラベンダーで覆われた丘の下をくぐりぬけると・・・

 

ででーんと大仏が!

鎌倉の大仏と同じくらいの大きさです。

下から見上げる大仏は神々しさをより感じます。

 

 

この頭大仏、もともとは広い原野にポンと置かれていたようですが、

建築家・安藤忠雄さんによって、大仏をラベンダーの丘で覆い、

大仏回廊として、直径が底部で27メートル、上部で13.7メートルの円錐すい台で囲み、

頭部だけを外部に見せるという霊園のシンボルになりました。

 

遠くからはかわいらしく大仏の頭が少し見えるだけですが、

下まで来ないと大仏全体が見えないことが、逆に想像力で掻き立ててくれます。

また、北海道の広大で美しい自然も新しい創造力を生み出してくれ、

そしてその感動は大きな生命力になって、降り注いできた気がしました(^.^)

 

建築によってもともとあった大仏が、より神々しく感じられるステキな場所でした。

またラベンダーが満開に咲く季節に行ってみたいです(^.^)

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー