ページトップへ

最小限住宅 | ソラマドブログ デザイン住宅

blogスタッフダイアリー

 

家づくりの話をしていると、

住人十色でみなさんいろんな考えがあります。

 

最近は情報量も多く、何が何だかわからなくなってきた!!

という声もよく聞きます(笑)

 

自分にとって「ちょうどいい」「居心地良い」ってどんな家なんでしょう?

 

 

これは建坪が9坪しかない住宅です。

「9坪ハウス」って聞いた事ある方も多いかと思います。

1952年に竣工した「最小限住宅」建築家・増沢洵さんの自邸です。

 

 

広くはないかもしれないけれど、

大きく開く窓があって、デッキと繋がっていて、

吹抜けを通してワンルームに感じられるような広々空間はとても気持ちよさそうです。

 

欲しい物事を詰め込むのではなく、

本当に自分にとって必要なモノを残していくと

すごくシンプルで居心地の良い家ができるんじゃないかな?と思います。

 

家づくりをしていると、たくさんの情報に埋もれて

本来自分にとって大切な物を見失いそうになる事も多々あります。

 

そんななかでも「楽しい」とか「好き」とか、

素直にいいなと思える感覚は大切にした方がいい!!

…と思いながら、いつも楽しく暮らしのお話しをしています。

 

 

■ Re KURASU 2020-2021 -Soramado Better Life-

https://www.soramado.com/co_navi/article/piT20151213141209-306.html

 

「好き」をカタチにした全国のソラマドファミリーさんの暮らしぶりや、

私たちソラマド設計室の想いが1冊にまとまりました(^^)

 

是非ご覧になってくださいね。

 

 

 

カレンダー

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
前月 翌月

アーカイブ

バックナンバー