blog見えない部分

少し前になりますが、現場に伺うと断熱材の施工中

この現場では袋に入った高性能グラスウールでした。

昔の住宅に入っていたグラスウールは水蒸気を含んでずり落ちて断熱性能が低下したりと悪いイメージもありましたが

最近のものは袋に入っており、通気に関してもしっかりと考えられています。

吹付などの断熱材と比較しても高い断熱性能があるので、しっかりと施工すればかなり高い断熱性が期待できます。

さらにこの現場ではコンセントを施工するための下地用のボックス部分も気密できるようにカバーを付けて施工されています。

 

 

壁を貼ってしまうと見えなくなってしまう部分ですが、この小さな手間が住んでからの断熱性や住み心地を左右します。

丁寧な仕事に感謝です。

 

1ページ (全210ページ中)

ページトップへ