blogスタッフダイアリー

小野寺 達也 自己紹介へ

土門さん

2017/06/05(月) 建築小野寺 達也

こんにちは

 

少し前になりますが、谷口吉生さんが設計された土門拳記念館に行ってきました。

 

土門拳記念館は山形県の酒田市にあり、日本最初の写真専門の美術館になります。

 

内部は主役である写真の邪魔にならないよう、とてもシンプルな設計になっていました。

 

展示室の作品は、撮影NGだったので、展示室以外の写真を紹介したいと思います。

 

 

 

展示室から記念室への中庭沿いの廊下。

 

一番グッときた場所がこの廊下でした。

 

展示室を出ると、この廊下があります。

 

中庭側の壁には、たくさんの縦長の窓があり、窓の幅が、廊下を進むにつれて、少しずつ大きくなっていきます。

 

展示室を出てすぐは、窓の幅が小さいので暗いのですが、奥へ進むにつれ、窓の幅も大きくなり、廊下がだんだん明るくなっていきます。

 

また、緩い勾配のスロープになっていて、進むにつれて、だんだんと天井が高くなっていきます。

 

長い廊下を通り、奥へ行くと大きな開口から池を眺めることが出来ます。

徐々に明るく、広くなっていく感覚がとても気持ちのいい廊下でした。

廊下を外から。

 展示室からの眺め。

 

 展示室から眺める庭園『流れ』

タイプな椅子。

 イサム・ノグチ作『土門さん』

 水が流れる中庭。

 遠目から。

 

土門さんの写真は迫力があり、圧倒されましたが、記念館もやっぱり素晴らしかったです。

とても勉強になりました。

最近は、建築を見る機会が減っていたので、これを機にまた建築を見に出掛けたいと思います。

 

 

 今月末の24日、25日の土日に京都で完成見学会が開催されます。

 詳しくはこちら

 お近くの方は是非お越しください。

記事一覧

1ページ (全214ページ中)

ページトップへ