blogスタッフダイアリー

田島 寛子 自己紹介へ

読書中。

2014/10/23(木) 建築田島 寛子

 

今、読書中のこの本。

『建築家』って
なんだか気難しいって思ったり、

建築家が説明する建物って
訳のわからない英単語を使われたり
専門用語ばっかりを並べられて

『ぽっか~ん』ってしてしまうこと
正直あると思います。

建築家の建てた家はカッコイイかもしれない。

けれど
実際に住んでいる人達はどのように感じているのか

特に自分の旦那さんやお父さんが建築家だったら
否応なくその家に住んでいるのかもしれない。

本当のところはどうなのか、
家族が住み心地について話しています。
(そーゆーところが知りたいんですよ、私も。)

気に入らないところも当然あるみたいだけれど
その部分とうまく付き合っていることが
なんだか楽しそうに思えてたり。

例えば、東孝光さんの自邸でもある『塔の家』

娘さんが
『ハッキリ意思表示しなければ自分のペースを保てない家でもある。』
と言っています。

『だけどそういうコミュニケーションの積み重ねが、お互いの距離感を測る指針になっている。』
と。

ちゃんと『家』と向き合っていること。
もしかしたら
ちゃんと『家』と向き合わないと暮らせないのかもしれない。

だからこそ
大切に成長してきた『家』って独特の雰囲気だったり
唯一無二の人を惹き付ける『家』が出来上がってくるんだろうなって
思います。

『建築』ってことばだけだと難しいかもしれないけれど
この本は
ス~ッと『建築』を受け入れてもらえる
いいきっかけになるような気がしました。

記事一覧

1ページ (全214ページ中)

ページトップへ