blogスタッフダイアリー

漆喰模様。

2014/11/01(土) 日々のこと

こんにちは。

昨日のブログにもありましたが、私も10月からスタートのドラマはほぼ見ています。

私はたまにテレビと会話していますw(独り言・・・)

 

話は変わりますが、

家づくりのなかで、お施主さまと一緒に造る作業の一つ・・・「壁塗り大会」をよく開催させて頂いています。

その最中、よく思うのが「模様」が

その場所、その時間、その時の感情等で、模様に変化があること。

 

理想の壁のイメージ中でよく聞く言葉。

 

「カフェっぽい壁」

「無造作な壁」

 

その他にもショップ、知り合いの家などでも内装に関わらず、壁の模様はよく見かけるかと思います。

 

壁塗りの際に使う道具はコテ!

漆喰をコテ板にのせて、壁に塗っていきます。

こんな感じです↓↓↓

 

 

よく見る仕上げ方はコテ波仕上げ。

 

見にくいかもしれませんが、こういった模様をよく見るかと思います。

 

塗る人によって、凹凸のでき方(コテの使い方)、漆喰の厚みだったりが違って、同じ模様なんて一つもありません。

 

コテ板で作った模様もあったり・・・☆

 

 

それぞれの家で造り上げる模様、家づくりの一つとして私はとても楽しみです。

 

壁塗り大会は、一般の方でも参加できるときがありますので興味のある方はHPのイベント欄をチェックしてみてください!

いろんな地域で開催してますよ☆

記事一覧

1ページ (全213ページ中)

ページトップへ