blogスタッフダイアリー

福田  麻未 自己紹介へ

『ふきん』のはなし。②

2014/02/14(金) 暮らし福田 麻未

 

 

まぁこんなに見事にネタがかぶる?

と、思ったくらいピンポイントな『ふきん』ネタですw

 

 

私が使っている『ふきん』。

 

 

2年半前に購入した1枚350円の『白雪ふきん』です。

見た目も可愛いし、使えば使うほど柔らかくなって手に馴染んできて…

でも糸のほつれもなく、毛羽立ちもなく、

ずーっとこのお気に入りの2枚をヘビーローテーションしてきました。

 

 

が、ちょっと吸水性に不満があり…

 

 

ついに、1週間前に5枚250円の『蚊帳織りふきん』を試しに購入してみました。

蚊帳を何枚も織り重ねてるということもあり吸水性バツグンです。

安いから惜しげもなくガツガツ使えるのも魅力的。

が、使う前に一度洗濯すると、端がすでにほつれ始め、笑えるほどにサイズが0.8倍に縮尺されました。

 

 

 

『ふきん』は一生モノ感覚か?使い捨て感覚か?

どちらをこれから先『myふきん』として愛用するか?

 

 

 

「安かろう悪かろう」ではなく「安かろう良かろう」のモノも増えてきた時代。

 

 

こーゆー選択を強いられること、色々あります。

もちろん、家づくりにも。

 

 

「誰かがいいよ~って言ってたから」ではなく

「どっちが自分向きか」をちゃんと考えなければどんどん迷走してしまいます。

 

 

あ~。悩む。

まだ答えは出ていません。

しばらくは7枚ローテーションです。

 

 

 

記事一覧

1ページ (全214ページ中)

ページトップへ