blogスタッフダイアリー

井内 大輔 自己紹介へ

リノベーションという選択肢

2016/02/12(金) 暮らし

こんにちは。

最近、リノベーションのご相談も増えてきました。

 

中古住宅、中古マンションを買ってリノベーションするという選択肢も、

新築とはまた違った良い点もあるなぁと思います。

 

・予算のズレは新築より少なく、迷いにくい

新築でもリノベーションでも、「予算」は当然の話ですが、ゼロから作っていかず既存のものがある分、

「しょうがない」なぁという部分が生まれやすく、

意外とそれが物事を決めるための一つの指針になりやすいのかなと思います。

いい意味での「縛り」がある。

そのため「ここまでしよう」「ここは触らずにいよう」など、範囲も考えやすい=コストコントロールがしやすい。

 

・新築より愛着が?

工事における古いものを新しくする行為は、感情移入がしやすいです。

新しい真っ白な壁から住み始めるのと、

古ぼけた壁を新しく真っ白にしてから住むのでは、

後者の方が壁や色一つにしても愛着がすごく沸くのではないでしょうか?

(ソラマドの家でも行っている壁塗り大会はこれに近いですね)

昔から住んでいる場所ならなおのことですね。

 

・知識がつく

リノベーションの方が古いものを扱うので、経年変化・劣化に対する知識が増えると思います。

「あぁ時間が経つとこうなるんだぁ…」と。

 

勿論、新築かリノベどちらにするかは、金額的な要員や立地的な要因など

色んな面から比較して考えることも当然大事ですが、

今回書いたような感覚は、新築にも共通する部分もあるので大切だなぁと思いました。

 

記事一覧

1ページ (全213ページ中)

ページトップへ