blogスタッフダイアリー

田島 寛子 自己紹介へ

タイルと目地。

2015/10/22(木) 日々のこと田島 寛子

 


お風呂とか洗面所とかキッチンとか

タイルを使おうかどうか
ちょっとは考えたりすること

あると思います。

我が家のお風呂兼洗面所は

昔ながらの
床も壁もタイル仕上がりなので

タイルの掃除・目地の掃除が

『ふつう』なのであります。

タイルもずっと使っていたら割れるところもあります。
目地も掃除出来ていなかったらすぐ汚れます。

割れたタイルのところだけ、貼り直したりするもんですし
当時使っていたタイルと同じものなんて大抵ありませんので

貼り直したトコロは、ちょっと違和感があったりします。

目地だって

どんなに頑張っても取れない汚れがあったりします。
ちょっと掃除をサボッただけでもすぐ水アカが付いたりするので
『またか~。』のくり返しです。

だけど
ちょっと違和感のあるタイルが
『変だけどなんか悪くないな』とか
段々と愛着が湧いてきちゃったり 

ひたすら目地の掃除をしたあとは
かなりの『爽快感』があったりします。

『掃除が大変だからタイルはね~。』

という理由、
すっごく分かります。

掃除面倒臭いです。

だけど

『やっぱりタイルっていいなぁ~。』
って思っちゃう。

そのくり返し。
では、また。 

記事一覧

1ページ (全214ページ中)

ページトップへ